読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスクトップでUbuntuを使っています

Linuxで役立つ情報を独自にまとめます。間違っているかもしれません。古いのもいっぱいあります。

WindowsとUbuntuのディスクを差し替えて使う場合の時間のずれを直す

 WindowsとUbuntuのディスクを別々に用意して差し替えて使う場合、時刻がおかしくなってしまいます。これはWindowsの場合はハードウエアのクロックを日本標準時(JST)に、Ubuntuの場合は協定世界時(UTC)に合わせているからです。JSTはUTCよりも9時間進んでいます。

 WindowsをUTCに合わせるか、UbuntuをJSTに合わせれば、問題は解決します。Windowsの場合、レジストリーを操作しなければならず少し面倒です。Ubuntuなら「/etc/default/rcS」ファイル内の1行を書き換えれば、それで完了です。では、Ubuntuのファイルを書き換えてみましょう。

 次のように、

$ sudo vi /etc/default/rcS

エディター(ここでは「vi」)で/etc/default/rcSファイルを開き、

UTC=yes

の「yes」を「no」に書き換えます。
UTC=no
 これで完了です。ちなみに、WindowsとUbuntuデュアルブート環境にしてUbuntuをインストールした場合は、この設定は最初から「no」になっています。