読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスクトップでUbuntuを使っています

Linuxで役立つ情報を独自にまとめます。間違っているかもしれません。古いのもいっぱいあります。

UbuntuからInstagramを使う

Ubuntu Instagram Ubuntu 16.04 LTS

 最近、写真・動画投稿サービスの「Instagram」を使い始めました。Linux向けのクライアントが欲しかったところ、「Ramme」というフリーソフトがありました。

 まず、「Ramme-linux-2.1.0.zip」のアーカイブファイルを入手します(バージョンが上がると、ダウンロード先が変わるかもしれません)。入手したら、インストールするディレクトリー(/usr/local/share/Ramme)を作成し、そこに展開します。

$ sudo mkdir -p /usr/local/share/applications/Ramme

$ cd /usr/local/share/applications/Ramme

$ sudo unzip ~/ダウンロード/Ramme-linux-2.1.0.zip

 Dashから起動できるように、「usr/share/applications」ディレクトリーの下に「Ramme.desktop」ファイルを作成します。

$ sudo vi /usr/share/applications/Ramme.desktop

を実行してエディタを起動し、次の内容を記述します。

[Desktop Entry]
Name=Ramme
Exec=/usr/local/share/applications/Ramme/Ramme
Terminal=false
Type=Application
Icon=/usr/local/share/applications/Ramme/resources/app/static/icon.png

 ファイルを保存したら、DashからRammeを起動します。

f:id:linux_user:20160902163852p:plain

 検索ボックスに「Ra」まで入力すると、Rammeのアイコンが表示されます。これをダブルクリックします。Instagramのログイン画面が表示されます。

f:id:linux_user:20160902164034p:plain

 Instagramに登録しているユーザーでもFacebookのユーザーでもどちらでもログインできました。ログインすると、自分のタイムラインが表示されます。

f:id:linux_user:20160902164519p:plain

 残念ながら、現在のバージョンでは写真の投稿やダウンロード、自動更新の機能はないとのことですが、検討中だそうです。