読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスクトップでUbuntuを使っています

Linuxで役立つ情報を独自にまとめます。間違っているかもしれません。古いのもいっぱいあります。

UbuntuをカスタマイズしたライブCDを作る

Linux

 Ubuntuには「Ubuntu Customization Kit」(UCK)と呼ばれるオリジナルCD/DVDを作成するソフトが含まれています。それを使って、最小構成のUbuntuを作成してみます。具体的にはデスクトップ環境に「LXDE」、ブートローダーに「LxDM」を採用したものです。

 最初にUbuntuソフトウェアセンターからUCKをインストールします。Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、

f:id:linux_user:20121206170523p:plain

「uck」で検索して表示された「Ubuntu Customization Kit」の右側の[インストール]ボタンをクリックします。これでUCKの導入は完了です。

※以下のパッケージのインストールも必要になりました。

$ sudo apt-get install  libfribidi-bin

f:id:linux_user:20121206170837p:plain

 ランチャー上にUCKのアイコンが表示されるので、それをクリックしてUCKを起動します。

f:id:linux_user:20121206171006p:plain

 端末と一緒に上のダイアログが開きます。このダイアログの説明を読んで「ハードディスクに5Gバイト以上の空き領域があること」「インターネットに接続されていること」を確認したら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171241p:plain

 インストールするパッケージの言語を選びます。日本語は「ja」なので、それを選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171431p:plain

 起動時に選択できる言語を選びます。同じく「ja」を選択して[OK]ボタンをクリックします。英語モードでも起動したい場合は「en」も選ぶとよいでしょう。

f:id:linux_user:20121206171635p:plain

 起動時にデフォルトで選択される言語を選びます。「ja」をクリックしてオレンジに表示されたら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206171837p:plain

 利用するデスクトップ環境を選択します。今回は「LXDE」のみなので、「others」を選び、[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172108p:plain

 基になるUbuntuのISOイメージを選択します。なお、Ubuntu 12.10 日本語Remixでは必要なファイルが含まれていないので、国際版(?)のUbuntu 12.10のISOイメージを使います。イメージを選んだら[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172359p:plain

 作成するCD/DVDに名前を付けます。「Customized Ubuntu live CD」を任意の名前に変更して[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172617p:plain

 細かくカスタマイズしたい場合は「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172749p:plain

 Windows関連のファイルを削除する場合は「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206172905p:plain

 CD/DVDと、USBメモリーと両方で利用するイメージを作成する場合には「yes」を選んで[OK]ボタンをクリックします(これでUSBメモリーに「dd」コマンドで書き込めます)。

f:id:linux_user:20121206173049p:plain

 これでカスタマイズを開始する準備が完了です。[OK]ボタンをクリックします。

f:id:linux_user:20121206173223p:plain

 端末上にパスワードを要求するメッセージが表示されます。ユーザーのパスワードを入力してroot権限で実行できるようにすると、UbuntuのISOイメージが必要なファイルと共にホームディレクトリーの「tmp」ディレクトリー以下に展開されます。

f:id:linux_user:20121206173957p:plain

 しばらく待つと、上のダイアログが表示されます。カスタマイズはGUIよりもコマンドラインの方が楽なので「Run console application」を選んで[OK]ボタンをクリックします。新たに端末が開くので、その端末上で、 

$ apt-get remove --purge -y unity*

$ apt-get remove --purge -y gnome*

$ apt-get remove --purge -y anthy*

$ apt-get remove --purge -y libreoffice*

$ apt-get remove --purge -y account-plugin-icons

$ apt-get remove --purge -y appmenu*

$ apt-get remove --purge -y cups*

$ apt-get remove --purge -y brasero*

$ apt-get remove --purge -y compiz*

$ apt-get remove --purge -y colord 

$ apt-get remove --purge -y empathy*

$ apt-get remove --purge -y firefox*

$ apt-get remove --purge -y evince*

$ apt-get remove --purge -y evolution*

$ apt-get remove --purge -y print-driver*

$ apt-get remove --purge -y foomatic*

$ apt-get remove --purge -y lightdm*

$ apt-get remove --purge -y nautilus*

$ apt-get remove --purge -y rhythmbox*

$ apt-get remove --purge -y sane*

$ apt-get remove --purge -y ubiquity*

を実行し、不要なパッケージを削除します。「ubiquity」で始まるパッケージはUbuntuのインストーラーです。 

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | apt-key add -

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | apt-key add -

$ wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

を実行して日本語向けの修正パッケージを含んでいるリポジトリーを追加します。さらに、

 deb http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal main restricted

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-security main restricted

deb http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates main restricted

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-updates multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ quantal-backports main restricted universe multiverse

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu quantal-security universe

deb http://security.ubuntu.com/ubuntu quantal-security multiverse

 の内容に「/etc/apt/source.list」ファイルを書き換えます。これで、Ubuntuで提供されるソフトウエアのほとんどを入手できます。

$ apt-get update
$ apt-get upgrade
を実行し、パッケージを最新版に更新します。
$ apt-get install lxdm lxde ibus-mozc vim
を実行し、デスクトップ環境、ディスプレイマネージャ、日本語変換ソフト、テキストエディタをインストールします。なお、この状態でライブ起動した場合、「/usr/bin/startlubuntu」がないというエラーが出るので、
$ ln -s /usr/bin/startlxde /usr/bin/startlubuntu
を実行し、LXDEの起動コマンド「startlxde」のシンボリックリンクとして、デスクトップ環境を起動する「startlubuntu」コマンドを作成します。
$ apt-get install zenity libfribidi-bin  libcanberra-gtk-module

 を実行し、ISOイメージの作成に必要なパッケージを導入します。

 Wndowsマシンで起動するとPCの時刻がおかしくなるので、「/etc/default/rcS」ファイルの「UTC」の値を、

UTC=no

のように「yes」から「no」に書き換えます。

$ exit

を実行すると、

f:id:linux_user:20121206173957p:plain

先ほどのダイアログが表示されます。「Continue building」を選んで[OK]ボタンをクリックします。これで数分待てば、

f:id:linux_user:20121206182244p:plain

 のダイアログが開き、ISOイメージファイルがホームディレクトリーの「tmp/remaster-new-files」以下に「livecd.iso」として保存されます。